銃:コルト・ガバメント(M1911&M1911A1)の人気はすごい!

M1911_and_M1911A1

M1911、通称コルト・ガバメント(Colt Government、以下コルト)はアメリカ合衆国の銃器設計士であるジョン・ブローニングが設計し、同国であるファイヤーアームズ(コルト)社が開発した軍用自動拳銃です。1911年の正式採用から1985年までの間、アメリカ軍の制式拳銃として第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争といったたくさんの戦地で用いられた拳銃です。

なぜM1911が通称である「コルト・ガバメント」と呼ばれるようになったかというと「ガバメントモデル(官給型)」という名称で販売されたことが由来となっており、兵士の間では「ハンド・キャノン」の愛称で呼ばれていました。

更に詳しくコルトについて概要を見て行きましょう。
1911年3月29日にアメリカ軍に制式採用され、後に1926年に改良が加えられたものは「M1911A1」と名付けられました。1985年にベレッタ92Fが採用されるまで、実に70年以上に渡ってアメリカ軍の制式拳銃として長く使われました。歴史があり、また拳銃としての確かな実用性に優れるため一部の特殊部隊や海軍、兵士はM1911の部品を交換、カスタマイズして使用している人もいます。ステルスゲーム「メタルギア・ソリッドシリーズ」にも登場し、メタルギア・ソリッド3にはアメリカ将校がフルカスタマイズされたM1911A1が登場し、ゲームの主人公であるスネークがその拳銃を触り、いい銃として褒めるシーンがあります。

戦時中には、コルト社以外にも様々なメーカーが軍に武器を納入するためのM1911を製造し、細部や刻印が異なるバリエーションが数多く存在しています。コルトが生まれた理由としてアメリカ軍からの要請で「弾一発の威力を上げ、敵の動きを止められるようにしてほしい」があったため、45ACPという大口径弾を使用するM1911はそのストッピングパワーの高さから定評を受けました。軍用のM1911および、M1911A1の口径は.45ACPであり、段数はシングルカラムマガジンによる7+1発(装填された弾含め)ですが、民間での販売に伴いバリエーション展開が行われ、各種弾薬に対応したコルトが生まれた。大きな特徴として、握った時に親指と人差し指の股が当たる部分に安全装置があるため、これをしっかりと握らないと撃てない仕組みになっています。

コルト・ガバメントが誕生した訳
なぜアメリカ軍は、銃弾一発の威力を上げて欲しいかと設計依頼をした背景として、当時アメリカ軍では38口径のリボルバー(回転式)拳銃を使用していました。しかし1898年の米西戦争中にフィリピンの先住民族であるモロ族との衝突の折、蛮刀を振るって森林戦をしかけてくるモロ族に対して38口径では十分な殺傷力を持たないと判明しました。アメリカ軍はこの戦闘を経験として銃弾一発の威力(相手を行動不能にする)拳銃を求めることとしました。それと同時に、リボルバー式よりも早く連写が可能にすることもジョン・ブローニングに求めました。

カスタムしやすさがコルト愛好家が多い理由。
アメリカ軍の制式を外れた後も拳銃としての人気は高く、民間では護身用銃・銃競技として広く使われています。そのため広く、長く愛用されたためと誕生以来大半のパーツ設計が変わっていないため他拳銃とくらべても豊富なカスタムパーツがあり、カスタムしやすい銃です。その豊富さ故に専門ショップが有るくらいです。特に拳銃を握るために必要なグリップ部分のバリエーションが多く、アルミ製・ラバー製、中には高価な象牙といった素材で作られてたりと所有者のこだわりを強く反映させています。

還暦祝いのハワイ旅行で

gun

6月に早めの夏休みをとり、私の60歳の祝いと言う名目で妻と娘と娘婿の4人で11回目のハワイに来た。

ハワイに来た最初の頃は有名な観光地にも行ったりしたが、後は妻に付き合ってのショッピング、ゴルフ、散歩とのんびり気ままに過ごし、お気入りの店で料理を食べるなんともワンパターンのハワイの過ごし方であった。今回は還暦祝いと言うことで心機一転、今までやったことがない事を体験することにした。冒険気分で、久しぶりにワクワクした気持ちだ。

さて、何をしようか…とガイドブックをペラペラとめくってはみたものの、行ったことがあるところが多く(そりゃそうだ。ガイドブックを見て行動していたのだから)、ホテルに聞いてみたところ、新しくできた店やレストランのことばかりでこれといったところは残念ながらなかった。

妻と娘はショッピング三昧をするといつものパターン。そのこと以外は興味がないようだ。飽きないのだからたいしたものである。婿に聞いたら、いろいろと調べてくれたのだが、前に行ったぞ、ん~、と今一つなのである。

仕方がないので今日はショッピングに付き合うことにして60才の初挑戦は明日以降のお楽しみにしよう、と外出の準備をしていたら、婿が「お父さんは銃を撃ちに行ったことありますか?」と聞いてきた。今まで2~3回誘われたことがあるが興味がなく行ってないことを言うと、「僕もやったことないので、ショッピングセンターの中にありますから行ってみませんか?」と言われ、婿が行きたそうだし、日本ではできないし、初体験だし、銃を撃ちに行くことにした。

ショッピングセンターで射撃に興味ない妻たちと別れ、射撃場に向かった。受付でコースの説明を受けるが銃のことはわからないのですすめられたコースを申し込む。料金も高いのか安いのか…

部屋に入り講習を受ける。スタッフが銃の持ち方や構え方、照準の合わせ方を冗談を言い、時々笑わせながらも丁寧でわかりやすく説明してくれた。実弾だしやはり怖い。婿に大丈夫かと聞かれたが、お前は大丈夫なのか、と聞き返した。驚くことに子供も撃てるという。子供が銃を持った写真もあった。祭りの射的は得意なんだから大丈夫さ。と自分に言い聞かせるがなんだか落ち着かない。

別室に移りいよいよだ。インストラクターがついていてくれるので頼もしい。思ったより的が遠いし、銃はズシリと重い。言われたとおり構え、引き金をひく。

衝撃と音がすごくてビックリした。的を狙って2発3発と撃つうちにヒーローの気分になってきた。悪と闘う西部劇のハンサムな保安官、大都会のカッコイイ刑事、美女が惚れるスパイ。銃を構えるたびに役になりきる。こんなに集中するのはなかなかないぞ。的に当たった時の爽快感が最高だ。しかし重くて腕が疲れる。腕力がないと目線に持ち上げることもできない感じだ。ヒーロー達のようにはいかない。残念だが。

私の方が早く終わったので婿の撃つのを見てたが、彼もヒーロー気分でいたのは間違いない。的に当てた数は婿の方が多かった。彼はまぐれ、まぐれ。と謙遜していたが、本当にまぐれに決まっているだろ。

ベレッタ92F、グロック17、45口径セミ・オートマチック拳銃、38 スペシャル口径リボルバー、44マグナム、これらを使わせてもらったようだ。リボルバー、マグナムという言葉は聞いたことがあるのでポピュラーな銃だと思う。

射撃場をでてからも話が弾んだ。的にあたった時の嬉しさは格別で、例えるならボウリングでストライクを連続でだすぐらい..いやいやサッカーでダブルハットトリックをやったぐらいと段々話は大きくなり、次はライフル銃も撃ちたいから体を鍛えないと、と次回、銃を撃ちに来るまで、ヒーローに近づくよう体力、腕力を鍛えるという目標ができた婿と私であった。

防弾チョッキは本当に頼れるのか試してみた

vest

私はサバイバルゲームが趣味です。もともと父がサバイバルゲームの愛好家だったので、その影響を受けて、今ではどっぷりとハマっています。ゲームと言ってもテレビゲームの類ではなく、エアガンなどを用いて、実際に山などで撃ち合いをするのです。危険な趣味だと思う方が多いですが、怪我がないように装備は万全に整えています。

例えば迷彩服はもちろん長袖で、ヘルメットなどを被ることで、肌の露出を抑制します。さらに分厚いゴーグルを掛けて目を守ります。これで安全にゲームを楽しむことができるのです。

弾ももちろん本物ではありません。しかし本物の弾ではないとはいえ、撃たれると痛いものです。初心者は撃たれた時の痛みに嫌気が差して参加しなくなる人もいるくらいです。そこで登場するのが防弾チョッキです。防弾チョッキにも多くの種類や形があります。中にはマグナムも貫通しないと謳っている本格的な物もあります。この防弾チョッキが行きつけのショップに売られているのを目撃した私達は、その謳い文句に魅了されてしまいました。私達の行っているのは所詮ゲームなので、そこまで本格的な防弾チョッキは必要ありません。しかしマニアな私達はすぐに欲しくなって、値段を聞いたところ、性能に見合うだけの価格帯で、とても私達のような金欠グループには手が届きませんでした。

そこでインターネットで安く売られていないかと検索して見たところ、とある動画サイトに、陽気なアメリカ人が試している動画を発見しました。その男性はもちろん免許を持っているプロの指導者で、試している場所もアメリカの許可を得た場所です。陽気な男性は防弾チョッキを着けると、もう一人の男性にマグナムで撃つように笑いながら命じました。かなりの衝撃を受けた陽気な男性は、地面に仰向けに倒れ込み天を仰いでいました。

私達は固唾を飲んで動画を見守りました。本物の弾というのは、人間の身体に当たると、全身をショック状態に陥れ硬直させてしまうのです。映画や小説などでは撃たれても走り回る場面が見られますが、実際はそんなにヤワなものではありません。それがマグナムとなると、そのショック状態は相当なものです。しかしかなり痛そうだが、弾丸は止まっているようでした。やがて男性は起き上がりました。

すると男性はまぐれだと思われてはいけないのでもう一度テストをしますと言って、再び撃たれてしまいました。やはりかなり痛そうだが、弾丸は止まっているのが確認できました。陽気な男性はご満悦でもう一度テストしますと言って、今度は、絶対に貫通しないという事を強調するとして、中からお気に入りのシャツを着けました。そこは着なくていいだろ、と思ったが、男性の防弾チョッキにかける自信のほどが伺えました。防弾チョッキを着ていても衝撃は相変わらず凄まじく、今度ばかりは男性は起き上がるのに苦労していました。それでもかなり痛そうだが、弾丸は止まっており、防弾チョッキを脱いで貫通していないことを証明して見せてくれました。

私達は早速お金を貯めて購入し、試してみましたが本当に性能が良く、これなら初心者にも安全だと思いました。

全米ライフル協会が言っていることっておかしくない?

nra

全米ライフル協会は1871年に設立され、現在では約400万人以上の会員がいるとも言われる団体です。市民団体と一応は定義されていますが事実上銃に関するさまざまな利権を主張する圧力団体とも言われています。この団体が結成された当時には軍・司法機関・連邦政府と癒着し、銃器を普及させた事でその力を強めていった経緯があり、現在でも政府や軍の取引の多い大手の銃のメーカーから潤沢な資金の援助を受けており、影響力を保っています。また全米ライフル協会はスローガンに「Guns don’t kill people; people kill people.(銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのだ)」を掲げ、銃の正当性を主張しています。

アメリカは銃社会で毎年多くの死者がでている現実があります。アメリカは自分の身は自分で守らなければならない歴史的な背景を基に銃を所持することが認められた国ですが、銃による事故が多発、そのうち子供の犠牲者も多数いることからも、銃があるから安心なのか、それとも銃を所有することが更なる危険を招くのかについての議論も近年では活発化してきています。ただし現在のアメリカの現状を考えると銃の規制がなかなか進められない事情も垣間見られます。

2007年にある調査機関が行った調査によるとアメリカの市民が所持する銃の数は2億7000万丁あるとの結果が公表されています。この数字はなんと100人あたり89丁の銃がいきわたっていることになり、銃社会アメリカの闇の部分を反映した数字とも言えるのではないでしょうか。

全米ライフル協会は銃の所持については常に積極的な肯定をしてきました。近年でも世間を驚かせたのが、サウスカロライナ州チャールストンにあるアフリカ系アメリカ人が通う教会で銃が乱射され、男女9人が死亡した事件の際に全米ライフル協会の会員による「銃を持っていれば助かったのに」とのインターネットへの書き込みが物議をかわしたこともあります。

アメリカの銃社会に渦巻く利権はわたしたち日本人には分かりづらい部分もあると思いますが、全米ライフル協会は、豊富な資金や会員数を武器に、アメリカ議会に強い影響力を有しており、自分たちの団体に有利に働くようさまざまな活動をしています。銃規制に積極的な取り組みを表明しているアメリカ大統領のバラク・オバマ氏をもってしても、2015年6月に行われたあるインタビューでにおいて、議会における全米ライフル協会の支配力の強さを認める発言をしていることからもアメリカの全米ライフル協会の権力の強さが証明されました。

ただし全米ライフル協会の主張がアメリカ市民の多くに否定されているわけではなく、現在でもアメリカの一般市民の中には銃の所有に対して、肯定派と否定派が混在しているとも言われており、アメリカ市民は銃を持つ恐怖と持たない恐怖の選択の中で揺れ動いているとも言われています。まさにアメリカの抱えるジレンマのひとつといえるのではないでしょうか。

還暦祝いに贈ったメッセージ

還暦とは年齢の祝いで60歳のお祝いのことを指しており、以前は長寿のお祝いとして祝われていましたが現在ではこれまでの健康を祝うのと同時に今後の長寿を願うためのお祝いとして贈り物をしたりメッセージを贈るなどのお祝いをされています。
そんな還暦祝いには色々な種類がありますが、特に家族からもらって嬉しいと言われているのがメッセージカードです。単品で贈ると言うよりも何らかの贈り物に添える形でプレゼントされる事が多いのですが、これまでの感謝とともに今後も長生きしてほしいと言う願いがこめられたメッセージカードはどのような贈り物よりも一番喜ばれることが多いようです。
では還暦祝いに贈るメッセージカードには何らかの形式があるのかというとそうではなく、基本的にはどのようなメッセージを添えてもいいですしカードとして利用するものも自由に決めることができます。最近では贈り物に添えるカードとして業者側が用意しているものも多いのですがやはり一番喜ばれるのは手書きのメッセージですし、素直な感謝の言葉を添えるだけでも十分お祝いの気持ちがこめられています。そんなメッセージの中でも特に書かれることが多いのが「これからも元気でね」「夫婦仲良くね」「これからは・・・」などの内容であり、両親や祖父母だけではなく会社の上司や取引先などに添えるメッセージカードにも利用することができる形式として人気が有ります。いずれのメッセージを添える場合でも、感謝の気持ちを忘れない事が大切です。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 当サイトのご紹介

    銃アクションムービーを観てからエアガンを集めるようになり、サバゲーに参加するようになり、防具や弾薬にも興味を持つようになりました。銃社会のアメリカには恐怖ですが、自称ガンスミス が紹介するお勧めのGUNはこちらです。
  • ↑ PAGE TOP